プロペシアジェネリックの成分フィナステリドに育毛効果はあるの

プロペシアジェネリックの成分ですが、主成分は「フィナステリド」と言う名前の成分で、アメリカのメルク社が開発したものです。

 

当初は前立腺肥大の治療薬として発売されましたが、服用した患者から「髪の毛が生えるようになった」という報告が相次ぎ、研究の結果育毛剤として正式に認定を受けました。

 

それでは、どのようにして育毛効果を発揮するのでしょうか。

 

脱毛症の原因となる男性ホルモン(DTH)の生成を抑制することで、脱毛を防ぎます。

 

DTHは、血中のテストステロンに5α‐還元酵素が働いて作られる物質です。

 

フィナステリドはこの5α‐還元酵素を阻害することによって、DTHがつくられないようにして、脱毛症を防ぐ効果を発揮するんです。

 

この「フィナステリド」を成分とするプロペシアジェネリックが「フィンペシア」「エフペシア」「フィナロ」なんです。

 

プロペシアジェネリックの効果としては、抜け毛が少なくなったり髪が細く短くなるのを防ぐことによって、髪の毛が太く長くなることで、結果的に薄毛が目立たなくなるんです。

 

プロペシアジェネリックは、新しい髪の毛を生やすというより、抜け毛を防いで育毛していく効果がある薬として認識したほうが良いのかもしれませんね。

 

また、前立腺肥大の治療薬として開発された経過から、この薬を服用することでおしっこのキレが良くなったと言う報告もあります。

 

ここで、「ジェネリック」とは何ぞやと言うと、新薬の特許が切れた後に発売された薬で、「後発薬」とも呼ばれています。

 

新薬と同じ成分を含んでいるにもかかわらず、開発にかかる期間が短いなど費用を抑えることによって低価格で販売できるんです。

 

もちろん、薬事法の基準もクリアーしており、新薬と同等の安全性を確保しています。

トップへ戻る