プロペシアジェネリックは通販を利用して購入するのが便利です

プロペシアのジェネリック薬であるフィンペシアは、インドの「シプラ社」で生産販売されています。

 

日本に住んでいる人が海外の商品を購入するためには、「個人輸入」と言う手続きを取らなければなりません。

 

「個人輸入」とは海外の製品を個人で取り寄せて購入することです。

 

その場合、例えばアメリカ製の商品を購入しようとすると、製品情報を読み取る読解力は当然のこととして、問い合わせや必要事項の記入などに英作文の能力が求められます。

 

個人輸入の場合には到着の遅れや誤送をはじめとしたトラブルも多いため、個人輸入は素人にはなかなか難しいものなんですね。

 

ところがインターネットの普及に伴い、そのような面倒な手続きを個人に代わって行ってくれる「個人輸入代行業」という業者が現れました。

 

「個人輸入代行業」の業者は、購入者と海外の企業・店舗を仲介し、意思の疎通と取引内容の確認を行うことによって個人輸入をスムーズに行うことをサポートします。

 

利用する側としてはその国の言葉がまったく理解できなくても、日本語だけで取引を行うことができるのでとても助かりますよね。

 

手数料は当然かかりますが、トラブルのリスクを回避できるメリットはとても大きいと思います。

 

ただ、「個人輸入代行業」を行っている業者が、すべて良心的な業者であるとは限りません。

 

なかにはニセモノを扱っていたり、健康被害を発生させるような商品を扱っている業者も見受けられます。
インターネット通販はとても便利なシステムですが、自己責任が伴う事を忘れないようにしましょう。

トップへ戻る